ホーム > 通用口/非常口用電気錠(AUT(A)・AUR(A))

通用口/非常口用電気錠(AUT(A)・AUR(A))

通用口/非常口用電気錠(AUT(A)・AUR(A))

機能切替型  通電時解錠・通電時施錠
 通電時解錠アンチパニック機能付・通電時施錠アンチパニック付

 

 

施工・取付時に、通電時解錠または通電時施錠の機能を選択・切替できます。

・AUT・AUTA・AUR・AURAは同一ケースです。

・錠ケースのフロント部分に内蔵されたスイッチで、機能の切替が簡単に行えます。

 

■電気錠の動作・・AUT(A)とAUR(A)を、簡単に切替可能

・AUT(A)通電時解錠を選択:停電時は施錠します。(高いセキュリティが」必要な扉)
・AUR(A)通電時施錠を選択:停電時は解錠します。(非常口・防災優先の扉)
・例えば、施工中の電源のないときには、扉を閉めても自動施錠しないようにAURの設定にし、竣工前にAUTの設定に戻す、というようなことが簡単に行えます。

■アンチパニック機能の有無も切替可能です。

アンチパニック機能付に設定すると、施錠していても内側からノブ(レバー)を回すだけで解錠でき、扉を開けることができます。

■自動的に施錠します。

AUT(A) 通電時解錠型 :非通電時に扉を閉める自動施錠します。

AUR(A) 通電時施錠型 :通電時に扉を閉めると自動施錠します。

■キーまたはサムターンで施解錠できます。

キーまたはサムターンで解錠すると、一度扉を開閉するまで解錠を保持しますので、片手で解錠し、開扉できます。

■電気錠の施解錠および扉の開閉の状態を電気的に確認できます。

■施常時はノブ(レバーハンドル)は固定となります。

■開扉時にはデットロッキングラッチが引っ込んだままになるので(フラットラッチ機構)扉を閉める時の力(ラッチング力)がなくなりました。

 

■扉が閉まると自動的にラッチが出ます。

※扉と枠のチリ寸法は6mm以内として下さい。