ホーム > 通用口/非常口用電気錠 AUT,AUTA,AUR,AURAシリーズ

通用口/非常口用電気錠 AUT,AUTA,AUR,AURAシリーズ

aut

施工・取付時に、通電時解錠または通電時施錠の機能を選択・切替できます。AUT、AUTA、AUR、AURAは同一ケースです。錠ケースのフロント部に内蔵されたスイッチで、機能の切替が簡単に行えます。(PAT)

機能切替型:通電時解錠/通電時施錠/通電時解錠アンチパニック機能付/通電時施錠アンチパニック機能付

 

■電気錠の動作̶AUT(A)とAUR(A)を、簡単に切り替られます

・AUT(A)(通電時解錠を選択):停電時は施錠します。(高いセキュリティが必要な扉)

・AUR(A)(通電時施錠を選択):停電時は解錠します。(非常口・防災優先の扉)

例えば、施工中の電源のないときには、扉を閉めても自動施錠しないようにAURの設定にし、竣工前にAUTの設定に戻す、というようなことが簡単に行えます。

 

■アンチパニック機能付の有無も切替可能です。

アンチパニック機能付に設定すると、施錠していても内側からノブ(レバーハンドル)を回すだけで解錠でき、扉を開けることができます。

(注)ご発注の際にはAUT、AUTA、AUR、AURAのいずれかをご指示ください。ご指示の機能に設定した状態で出荷いたします。

 

■自動的に施錠します。

・AUT(A)(通電時解錠型):非通電時に扉を閉めると、自動施錠します。

・AUR(A)(通電時施錠型):通電時に扉を閉めると、自動施錠します。

 

■キーまたはサムターンで解錠できます。

キーまたはサムターンで解錠すると、一度扉を開閉するまで解錠を保持しますので、片手で解錠し、開扉ができます。

 

■電気錠の施解錠および扉の開閉の状態を電気的に確認できます。(無電圧接点出力)

 

■施錠時はノブ(レバーハンドル)は固定となります。

 

■AMT(R)型と同じ切欠で取付可能です。

・ALT(R)型の切欠に対応可能な製品もご用意しています。

・AMT(R)、ALT(R)型は2010年3月廃止品です。

 

■開扉時にはデッドロッキングラッチが引っ込んだままになります。

・扉を閉める時の力(ラッチング力)がなくなりました。

・扉が閉まると自動的にラッチが出ます。

 

■ワンタッチ非常開装置付のAUT(A)EP、AUR(A)EP型もあります。

・AUT(R)とは切欠が異なりますのでご注意ください。

・非常解錠が行われた場合は、電気的に確認できます。(無電圧接点出力)

・非常解錠後は閉扉自動施錠です。

 

■簡単にシリンダーの交換が可能なインターチェンジャブルシリンダーが装着できます。

・U9シリンダーのみ装着可能です。

(注1)扉と枠のチリ寸法は6mm以内としてください。

(注2)電気錠〜電気錠操作盤(制御盤)間の配線距離については、使用する電気錠操作盤(制御盤)のページにてご確認ください。

 

■仕様

バックセット(mm)76・100
ケース深さ(mm)104・128
スペーシング(mm)95
扉厚可能範囲(mm以上∼mm未満)ノブ:33∼42・42∼50・50∼58・58∼66

レバーハンドル:33∼35・35∼36・36∼38・38∼40・40∼4242∼44・44∼46・46∼48・48∼50・50∼5252∼54・54∼56・56∼58・58∼60・60∼6262∼64・64∼66

(注)レバーハンドル仕様で扉厚が33∼36の場合は、丸座の下に製品に同梱されているライナー(t1.5)を敷いて取り付けてください。